福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。

今日は、痛みの出やすい人と出にくい人の違いを説明しますね。

「痛みが出る」ということは、深部の筋肉に負担が溜まり、それが一定の量を超えることで痛みとして現れます。
この深部の筋肉は、骨のすぐ上に付いている筋肉です。この筋肉が身体の土台になりますので、この筋肉がしっかりしているほど痛みは出にくいです。深部の筋肉がしっかりしている方の特徴は「普段から定期的に激しい運動をされる方」「10代の頃にしっかり運動をされていた方」などです。土台がしっかりしている方は、普段の生活の中で痛みを感じることが少ないため、疲労を溜め込みやすいです。ですので、痛みとして表に出てきた時には、筋肉が断裂してしまっていたり、しびれを伴う痛みなど、重たい症状で発見されることが多く、良くなるのに時間がかかることが多いです。

ですので、痛みを感じにくい方は、痛みが出る前にしっかり身体のケアをすることが大切です。
次に痛みを感じやすい方は、前述とは逆で土台が出来ていないのですぐに負担が痛みとして現れます。日常生活で痛みを感じやすいのですが、痛みが出る分すぐに体のケアができるので、重たい症状になることも少なく、症状も良くなりやすいです。
普段から痛みを感じやすい方と感じにくい方、どちらも一長一短ではあるのですが、痛みを感じにくい方の方が、今後のことを考えると心配ではあります。

例えば、打たれ強いボクサーと打たれ弱いボクサーではどちらが選手生命が長いかというと、打たれ弱いボクサーの方が長く続けられます。疲労を溜め込まないことで、長く続けることが出来るのです。
ですので、痛みを感じにくい方が、これからもお仕事や家事を続けていくうえで大切なのが痛みの出る前の施術です。当院では、深部の筋肉をしっかり施術しますので、痛みが出る前に疲労を取ることが出来ます。身体の痛みでお困りの方はいつでもご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP