福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

筋肉を痛めると言っても、スポーツで痛める。重たいものを持って腰を痛める。朝寝返りをうって首を痛めるなど様々な原因があります。
これらの原因に共通しているのは、すべて一度の外力で怪我をすることは少ないということです。例えば朝寝返りを打って首を痛めてしまった場合、首を少し動かしただけで正常な筋肉が傷つくことはほとんどありません。正常な筋肉は新しい輪ゴムを想像していただくと分かりやすいです。しっかり柔軟性があるので少し捻ったとしても痛みが出ることはありません。逆に寝返りで痛めてしまう筋肉はバランスが崩れている筋肉です。簡単に例えると古くなって固くなった輪ゴムです。このように柔軟性がなくなった筋肉は少しの動きで傷が付くので痛みが出やすいです。柔軟性がなくなってしまう原因は、日常生活の負担が溜まることと定期的なケアが出来ていないことです。

また、柔軟性がなくなった筋肉は背骨を歪めてしまう原因にもなります。今痛みが出ている方はすでに背骨に歪みが出てしまっていることが多いです。背骨が歪んだ状態で仕事や家事をすることで負担は溜まりやすくなります。この負担を溜めない為には定期的な体のケアをすること。筋肉をしっかり緩めてあげること。あとは背骨の歪みを整えてあげることです。そうすることで筋肉への負担を溜めにくくすることができます。

また筋肉は関節をまたいでいる為、緊張が強くなることで関節の動きを制限してしまいます。逆に柔軟性のある筋肉は本来の関節の動きができる為、しなやかに動くことができます。これから運動をしようと思っている方やスポーツをしている方は怪我の予防やパフォーマンスの向上のためにも筋肉に柔軟性を持たせて上げることが大切です。

当院では背骨の歪みをとるB&M背骨歪み整体と痛みの原因になっている筋肉をしっかり緩めるトリガーポイント療法を行っています。体が重だるい、寝違いを起こしやすいなどは筋肉の柔軟性が悪くなっている証拠です。大きな怪我が起こる前に早めに当院までお越しください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP