福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

こんにちは!!梅雨入り前に天気が安定しないですね。みなさんも家からなかなか出られずに運動不足になってないですか??じっとしていると体が重だるくなってきますよね。
そこで、今日は身体の重だるさや痛みの原因になっているトリガーポイントについてお話させていただきますね。

まず、筋肉とは輪ゴムのように伸び縮みする筋繊維というものがたくさん集まったものです。それを、筋膜とよばれる膜で包まれることで1つの筋肉が完成します。この1本1本の筋繊維が、うまく伸び縮みできなくなることで筋繊維に小さな損傷や炎症が起こります。その部分にトリガーポイントができてしまいます。
トリガーポイントができる原因は1.使い過ぎ2.長時間の同じ姿勢3.間違った使い方です。
1.使い過ぎでは、筋肉を使うときには必ずエネルギーを使います。その時に、必ずエネルギーの燃えカスができます。その燃えカスが筋繊維の間に詰まってしまうとうまく伸び縮みができなくなってしまいます。そこを無理やり動かしたときに筋繊維に小さな損傷が起こってしまいトリガーポイントが形成されてしまいます。
2.長時間の同じ姿勢では、筋繊維を包む筋膜が固まってしまいます。筋膜はコラーゲンとエラスチンで主に作られています。なので、筋膜も同じ姿勢を保っていると固まりやすくなっていきます。そのように筋膜が固まってしまうと筋繊維の動きが悪くなってしまいトリガーポイントが形成されてしまいます。
3.間違った使い方では、例えば骨盤や背骨が捻じれた状態では、その骨についている筋肉も一緒に捻じれていきます。わかりやすく言うと筋肉がぞうきん絞りのように捻じられるイメージです。その時に、筋繊維に小さい損傷が起きてしまいトリガーポイントが形成されてしまいます。
こうしたトリガーポイントが形成されてしまったところは、コリコリとしたものが筋肉にあります。そのコリコリしたところを中心に筋肉が短くなってしまい筋肉の柔軟性がなくなってしまいます。その柔軟性がなくなってしまったところを急に伸ばしたときに「ぎっくり腰」「肉離れ」などになってしまいます。
そこで、当院のトリガーポイント療法によって血流が良くなります。それによって、溜まっていた疲労物質を流すことができます。また、損傷があった部分は血液によって回復することができます。さらに、当院の背骨の整体を行うことで背骨や骨盤の位置を正しくしてあげることができて筋肉が正しく使われます。なので、次にトリガーポイントが形成されるのを防ぐことができます。

もし、お身体でお困りのことがございましたらお気軽にご来院ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP