福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さん、こんにちは。
最近はすっかり寒くなってきました。あと、1か月で今年も終わりますね。

今日はヨガと身体の痛みについてお話します。ヨガではストレッチ系や筋トレ・体幹、リラックスなど様々なメニューがあるかと思います。ヨガを行うことは身体にとって良いことなのですが、やり方を間違ってしまうと身体の痛みに変わってしまうことがあります。それはなぜかというと、筋肉に負荷をかけ過ぎてしまうからです。特にストレッチ系のヨガの時に注意したいのが、筋肉を伸ばしすぎないことです。肩や腰、お尻の痛みの原因は柔軟性が落ち、動きが悪くなったことにより痛みが出ていることが多いです。そこで、ヨガを行うことにより柔軟性を補うことが出来るのですが、筋肉を無理に痛くなるまで伸ばしてしまうと逆に痛みに繋がってしまいます。筋肉というのは伸ばせる範囲が決まっています。ゴムをイメージしてもらったら分かりやすいかと思いますが、ゴムも最大に伸ばしたら切れてしまったり、疲労が強くなってしまいます。同じように筋肉も伸ばしすぎると筋肉には負担となり疲労による痛みや今までになかった背中や足周りの痛みが出てきてしまいます。こうならないためには、痛みを我慢して伸ばそうとせず痛みを気持ち良いくらいまでで止めて、ゆっくり伸ばすように心掛けてください。

当院では、血行を良くする施術を行っております。筋肉の柔軟性が落ちてしまうのは血行不良によることが多いです。そこで、当院の施術を行い、血行を良くすることで、筋肉にしっかりと栄養を届けてくれるので柔軟性を上げていくことが出来ます。また、柔軟性が上がると動きがスムーズになるので、ヨガや運動後の身体の痛みを出にくくすることが出来ます。身体の痛みでお困りの方はぜひ当院までお越しください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP