福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

みなさん、こんにちは。
最近は、暖かい日が続いていますね。例年通りの気候でしたら、2月は雪が降る機会が多く、冬のスポーツのベストシーズンだそうです。

そこで今日は、冬のスポーツの効能についてお話します。冬のスポーツといえば、スケートやスキー、スノボなどがありますよね。街中にもスケート場が作られていたりなど、皆さんも利用したことがあると思います。まず、寒い環境になるため、防寒をすると思います。防寒を怠れば、身体が冷えて痛みに繋がりますが、ある程度、防寒ができれば逆に、身体が冷えないようにする機能が働き、カロリーを消費します。そのため、代謝機能が高まり、脂肪燃焼に繋がります。

そして、スケートやスキー、スノボはかなりのカロリー消費になります。というのも、雪や氷の上を滑る際には、バランスを取る必要があり、バランスを取るためには太ももや腰などの筋肉を使います。特に、太ももの筋肉は、身体の中でも筋肉量が多く、代謝量が全体の約70ですので、冬のスポーツは有酸素運動になり、ランニングよりも下半身の筋肉を使います。また、1時間楽しく遊ぶだけで、1時間ランニングするのと同じくらいのカロリー消費ができます。普段運動されない方も楽しみながら、身体を動かしましょう。

しかし、雪や氷の上を滑るのは慣れていない人にとっては難しく、全身に力が入ってしまいます。また、普段使わない筋肉を使うため、思いがけない腰の痛みや肩の痛みが出ることが多いです。さらに、靴や服装が重かったり、普段身に着けないものも身に着けるため、歩き方も変わってきます。一時的に歩き方が変わるだけでも、いつもは使わない筋肉を使うことになるため、筋肉には負担が溜まり、身体の痛みになってしまいます。ですので、準備体操や終わった後のストレッチを心がけて下さい。

腰や肩などは日常生活で常に使っています。1度痛みが出てしまうとなかなか症状はよくなりません。痛みが出てしまったら一時的なものだと放置せずに、お早めに当院までご相談下さい。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP