福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。4月に入り環境が変わった人も多いと思います。ストレスは身体に毒ですので適度に発散するようにして下さいね。今日は、生きる上で欠かせない「呼吸」についてお話していきますね。

現代人はデスクワークが多いため、呼吸が浅くなっている人が多いです。
なぜデスクワークが多くなると呼吸が浅くなってしまうのでしょうか。これは、デスクワークをしている時の猫背が原因です。猫背になると身体が丸くなってしまい胸郭(肺が入る部屋)が狭くなってしまい肺が膨らめなくなってしまいます。肺の機能は膨らむことで空気を取り入れ逆に、縮こまる時に空気を吐きだします。ですので、膨らむことが出来ないと上手く空気を取り入れることが出来ません。そのため、呼吸が浅くなり筋肉が酸欠状態となり肩の痛みや腰の痛みに繋がります。

デスクワークで猫背になってしまうと、呼吸をするために働く筋肉は緊張してしまい使えなくなってしまうため、肩の痛みや腰の痛みに繋がります。呼吸をする際に使われる筋肉の中でも特に大事な筋肉は「横隔膜」と呼ばれる筋肉です。「膜」と付くのに筋肉なの?と疑問を持った方もいると思います。薄い膜上の筋肉なので横隔膜と呼ばれます。この横隔膜は肋骨の下の部分を傘のように覆っており胸部と腹部を隔てています。そして、そのすぐ上部に肺があります。横隔膜が押し上がることで胸腔(肺の入る部屋)が狭くなり肺が圧迫されて息を吐きます。反対に押し下がると胸腔が広くなり肺が膨らみ空気を吸うことが出来ます。つまり、この動きが制限されることで呼吸が浅くなるだけでなく、横隔膜は背骨にも付いているので腰の痛みにも繋がります。

背中が丸くなっている状態を少しでも真っすぐにすることで胸郭が広くなります。また、この痛みを取る為には背骨を真っすぐにして、横隔膜などの筋肉に正しい状態を教えることが大切です。そうすることで、正しい呼吸が出来て筋肉に酸素が上手く供給されて肩の痛みや腰の痛みが軽減されます。

少しでも姿勢が気になる方はぜひ当院までご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP