福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

みなさんこんにちは!
最近は朝晩が肌寒く、昼間は暑くなり1日で温度差を感じるようになってきましたね。
体調管理には十分お気を付けください。
これからどんどん暑くなると家でも外でも1日中冷房をつける機会が多くなってくるかと思います。

そこで今日は冷房からくる「手足の冷え」についてお話します。
手足の冷えの9割は女性に起こると言われています。その理由として、ホルモンバランスが崩れやすい、男性に比べて筋肉の量が少なく代謝が落ちやすいため起きやすいと言われています。
比較的、冬に冷えることが多いため、夏に手足の冷えは連想しにくいかと思いますが、汗をかいたまま冷房の効いた室内にいたり、室内外の出入りが多かったりすると徐々に身体は冷やされてしまいます。
これが「手足の冷え」へと繋がっていきます。
そして、身体が冷えてしまうと血液の流れが悪くなってしまいます。その状態が続いてしまうと体のだるさや疲れが取れにくくなり、筋肉の柔軟性が低下するため腰や肩などの身体の痛みに繋がります。
そうならない為にも身体を温めて冷えない状態をつくっていくことが大切です。
冷房の設定温度は25℃から28℃に保つことや、汗をかいたらこまめに着替えることも大切です。そして、血液の流れを良くすると症状が楽になっていきます。
身体を温めて血液の流れを良くする食べ物としておすすめなのが「ショウガ」です。
生ですりおろしても料理に少し加えるだけでも効果的です。
西新中央整骨院ではショウガの入ったお茶を販売しております。
また、当院の施術は血行を良くする施術をおこなっておりますのでぜひお越しください。

お体のお悩み、気になることがございましたらご気軽にご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP