福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

「手持ち扇風機は水分不足になる?」

8月も後半に入り、少しずつ涼しくなってきましたね。まだまだ暑い日が続きますので体調管理には十分お気を付けください。

先日、利用者さんと手持ち扇風機は、水分不足になるという話になったので、今日はそれについてお話します。手持ち扇風機を持っている方は分かると思いますが、風量が調節出来、外を歩く時などとても便利ですよね。しかし長時間、至近距離で顔や首に風を当てていると水分不足になってしまいます。これは、風に当たっている部分の汗が出にくい状態になってしまうことが原因です。汗は体温調節の役割を果たしています。汗が出るということは、体温が上がっているので、身体は下げようとして汗を出します。しかし、顔に当たっている時は涼しく、汗も出ませんが、体温は下がっていないので気づかないうちに汗が出てしまいます。ですので、いつの間にか身体の中の水分は少なくなって行くため、脱水症状による頭の痛みや身体のだるさといった症状が出てきます。水分不足により、血液の量が減るので、徐々に血行が悪くます。血行が悪くなると、徐々に筋肉は緊張して柔軟性も落ちるので痛みが出てきます。

こうならないためにも、直接、風に当たりすぎないようにしたり、涼しくてもこまめに水分補給を行ってください。
当院では、血行を良くする施術を行っています。血行が良くなると、柔軟性も上がり疲労物質を流してくれるので痛みも楽になっていきます。また、冷えの予防にもなります。
痛みでお困りの方は、当院までぜひお越しください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP