福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。最近朝は涼しいが続いていますね。ですが昼間は暑くなることが多いので外に出られる際は気を付けて下さいね。

家事をしている時や、ものを運んでいる時に親指の付け根が痛くなることないですか?手首を動かすだけでも痛みが出て、手の甲に腫れや熱感がでてくることがあります。これは手の使い過ぎによって短母指伸筋と長母指外転筋の腱が腱鞘によって圧迫されることで起こります。短母指伸筋は、主に親指を伸ばす働きをする筋肉で、長母指外転筋は、主に親指を広げる働きをする筋肉で、そのふたつの筋肉の腱が通るトンネルのことを腱鞘といいます。この症状は、更年期の女性や妊娠中の方、家事をされる方に多いです。手をよく使うことによって、腱鞘が肥厚したり、腱の表面に傷がついたりして炎症を起こしてしまいます。また、最近はスマホの使いすぎによってもなる方が多いようです。これは、スマホを使うとき、親指を使うことで腱が伸び縮みさせられることが原因です。そして筋肉よりも腱は血液が流れづらいので、良くなるのに時間がかかってしまいます。

痛みが出ないようにするには、手首を使わずに安静にするのが一番です。ですが、日常生活の中で手を使わないのは非常に困難です。腱と筋肉は繋がっています。なので、筋肉をしっかりと施術してあげると手首の痛みを取ることが出来ます。そこで当院に来てしっかり施術を行いましょう。筋肉の施術で使いすぎた筋肉をケアしていきます。筋肉を使いすぎることで疲労物質が溜まり、筋肉が緊張してしまいます。その緊張した筋肉を施術によって緩めていきます。そうすることで手首を動かしても痛みが出なくなります。

手首に違和感や痛みがある方はぜひ西新中央整骨院までお越しください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP