福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。今年も残すところあと二日ですね。お身体に気を付けてよいお年をお迎えくださいね。今日は、柔軟性のある筋肉とない筋肉の違いについてお話します。

皆さんは柔軟体操はしていますか?この質問を成人の方にするとほとんどの方がしていないと答えます。これは、毎日の仕事や日常生活の動きで背骨が歪んでしまうこと、筋肉のバランスが崩れてしまうことが原因です。柔軟性のある筋肉は、筋肉に含まれる水分(血液)の量が多いです。逆に柔軟性のない筋肉は水分の量が少ないです。そのため、筋肉も植物と同じ様に水分が無いとカラカラになってしまい、少し触れただけで傷がついてしまいます。これが、柔軟性のない人ほど痛みが出やすい原因です。特に腰や肩は可動域が広く、背骨も歪みやすいため、痛みが出やすいです。

ほとんどの方が、幼稚園や小学生の頃は、痛みが無かったのではないでしょうか。小さい頃は、ほとんどの方が毎日身体を動かしていたと思います。そのうえ、小さい頃は代謝が良いため、身体自体の回復力も高いです。しかし、年齢とともに代謝は低下していくため、回復力が落ちてしまい、寝ても疲れが取れない方が多くなってしまいます。

当院では、血液の循環を良くして、自分自身の回復力をあげるトリガーポイント療法を行っています。これは、筋肉に溜まった疲労物質を指で持続圧を加えることで取り除き、血流を良くするものです。この施術をすることで、昔からある肩や腰の痛みが楽になったと言っていただいています。肩や腰の痛みでお困りの方は西新中央整骨院までご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP