福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さん、こんにちは。九州北部の梅雨入りが遅れていますね。今年は、過去に梅雨入りが最も遅かった記録を更新したそうです。

利用者さんの中には、梅雨の時期になると痛みが増したり、頭が痛くなったりといった症状を訴えられる方がいます。
そもそも梅雨の時期にはなぜ痛みが強くなるのでしょうか??
梅雨の時期は気圧が下がることにより低気圧が発生します。この低気圧が体にかかる圧力を下げ、血管を抑えていた圧力も下げます。すると、血管が拡張し、血液循環の悪化を招いてしまうのです。副交感神経も優位に働くことで、体が眠いと勘違いしこれがだるさを引き起こします。結果的に頭の痛み、腰の痛み、関節の痛みなどを引き起こしてしまうのです。
そして、雨が降る気圧の低い時期には炎症に関わるヒスタミンという物質が増加することも痛みを引き起こす要因の一つです。ヒスタミンは血管を拡張させ、血圧を下げ、体を緊張させる交感神経を刺激するという作用もあります。自律神経系の働きが乱れることにも繋がるのです。
筋肉の血液の流れを悪くしてしまうこと、痛みを感じる物質が出てしまうことが梅雨に痛みを引き起こす大きな原因となるのです。この時期はお足元に十分注意をし、痛みが強くなる前に一度、当院にお越しください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP