福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。冬に入り、だいぶ気温が下がってきましたね。体調を崩しやすい時期ですのでお身体には気を付けられてくださいね。

気温が下がると筋肉が緊張しやすくなるのはイメージしやすいと思います。また、「天気が悪いと膝が痛い」なども聞きますよね。それではなぜ天気が悪いと膝や関節などが痛くなるのでしょうか?まず、雨が降る時は気圧が低くなってしまいます。そして、気圧が低くなったり気圧の変化を感じるセンサーは耳の内耳と呼ばれる部分にあります。気圧が下がるとまずこの内耳のセンサーが反応して交感神経を優位にしてしまいます。交感神経が優位になると「血管収縮」「痛みの神経の興奮」をさせてしまいます。ですので、血管収縮してしまうと血流が悪くなり筋肉や関節の栄養状態が悪くなり痛みへと繋がります。

また、痛みの神経が興奮してしまうと身体のあらゆる部分に痛みを感じてしまうこともあります。また、気圧が低くなると外からの圧が低くなるため血管が膨らんだり関節包(関節を包む袋)が膨らみ周りを圧迫してしまい痛みへと繋がってきます。また、人間は気圧を自由に変えることはできませんので、痛みの出にくい身体にしておくとストレスも減り多少の気圧の変化による痛みも軽減されます。

当院のトリガーポイント療法は、筋肉の血流を良くして常に筋肉をいい状態に保つことが出来ます。このように、いい状態に保っておくと気圧が変化しても痛みが出にくい身体を作っていくことが出来ます。お身体の痛みでお困りの方は是非当院までご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP