福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。これからの季節は、汗などで水分が不足しがちです。しかし、水分と言っても何を取ればいいのか分からないという方は、多いです。そこで今日は「水分として有効な飲み物」についてお話します。

水分が大切な理由は、人間の身体の約6~7割が水分で出来ているからです。この水分が減ることで吐き気やめまい、肩や腰の痛みなど、様々な症状が現れます。これらの症状を予防するために必要な水分補給。水やお茶など様々ある中で最も効率よく吸収できるのが「経口補水液」と呼ばれるものです。ブドウ糖と食塩を一致の割合で水に溶かしたもので、人の体液に成分が近く、すぐに体液としての役割を果たすことができます。

「普通の水じゃダメなの?」と思う方もいると思います。水の場合は、飲む量がとても大切になります。コップ一杯の水だと、最初の一口以外はほぼすべて尿や汗として体の外に出てしまうため、逆にのどが渇いてしまう事があります。また、水は吸収しすぎてしまうため、飲み過ぎると血液の中の濃度を急激に下げてしまい、意識障害を引き起こすことがあります。ですので、水を飲むときは一口を数回に分けて取るようにしましょう。

水分不足が肩や腰の痛みに繋がる原因は、血流が悪くなることです。筋肉は血液から栄養をもらっているため、水分不足になることで血液がドロドロになり上手く栄養をもらえません。そうなると、筋肉の柔軟性が落ちて肩や腰の痛みが出てしまいます。当院では、血流を良くする施術を行っています。これにより、人が持っている回復力を高めて痛みの出にくい状態を作っていきます。経口補水液は少し値段が高いので、おススメはカフェインの入っていない麦茶です。ミネラルを多く含んでいるため、夏場の水分補給にはおススメです。水分を取って痛みを予防しましょう。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP