福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。
8月は各地で夏祭りがありいつも以上に活気に溢れてましたね。

今日は、痛みのサイクルについてお話しして行きますね。
痛みが出ると日常生活のあらゆることがおっくうになりますよね。日本人の4分の1は腰の痛みに悩まされています。まず、沢山の人の悩みの種である「痛み」はどうして発生するのかをお話しますね。
まず、「痛み」と聞くと誰しもよくないイメージを持つと思います。しかし、人間は痛みというサインによって身体の危険を感じることができています。お腹が痛い時、病院に行くことで病気を発見できますよね。いわば正常ではないところのSOSとして、生きて行く上で必要な反応の一つです。次に、その「痛み」はどうして繰り返すのかについて、お話していきますね。身体のどこかを損傷すると 損傷部にブラジキニンなどの発痛物質が分泌され、その発痛物質が神経に触れると痛みとして認識されます。その痛みによって交感神経、運動神経を興奮させてしまいます。交感神経には血管を収縮させる働きがあり、運動神経には筋肉を収縮させる働きがあります。この二つの神経の興奮により血液循環が悪くなり筋肉が酸欠状態に陥ります。
酸欠状態になるとさらに発痛物質がでて痛みが出てきます。また、痛みが長く続くことで痛みを抑制する神経の力が弱くなり痛みが慢性化してしまいます。さらに、痛みが長引くと痛みにばかり注意が向き眠れなくなったり、不安や恐怖からうつ状態になってしまうこともあります。ですので、今「肩の痛み」「腰の痛み」などでお悩みの方は当院のトリガーポイント療法で少しでも早く痛みを軽くしていきましょう。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP