福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

みなさんこんにちは。

突然ですが、皆さんは「テレビを見る時は、部屋を明るくしてテレビから離れて見ましょう。」
というフレーズを聞いたことがありませんか?小さい頃、アニメや教育番組の冒頭でよく言われていましたよね。あの言葉は結構、重要なことなんです。
そこで今日は、眼の疲れについてお話したいと思います。
どうして、眼が疲れるかというと物を見ている時の距離に原因があります。
眼には水晶体というレンズの役割を果たしているものが存在します。その水晶体の両サイドに毛様体筋という筋肉がついています。近くの物や遠く物を見る時、この水晶体は厚みを変えることでピントを合わせています。しかし、この厚みを変えるのは、水晶体ではなくその両サイドについている毛様体の伸び縮みによって変えているんです。
近くのものを見る時、毛様体筋はピントを合わせようとし働きます。
これは、見るものが近ければ近いほどこの働きは大きくなるんです。
なので、スマホやパソコン作業を長時間していると常に毛様体筋は引っ張られているので、眼が疲れてきます。そして、負担が大きくなると筋肉の緊張が強くなり痛みに繋がります。
この眼の疲れを放置してしまうと眼を動かす筋肉の緊張が全身の筋肉に伝わり肩の痛み、頭の痛み、吐き気といった症状も出てきます。
こうならないためにも、スマホやパソコン作業をする時にはこまめに休憩をとり、遠くを見るだけでも、毛様体筋は緩むので眼への負担を減らすことが出来ます。また、パソコン作業をされる方へのポイントは顔とパソコンの距離は50~70センチ=手を伸ばした距離が最適と言われています。この時は、姿勢は正しくキーボードを打つ時は前傾姿勢にならないように気をつけてください。また、スマホやパソコンの明るさも明るすぎたり暗すぎると眼への負担になりますので、適度な明るさを保つようにしてください。
自宅に帰ったら目の周りを温めて、眼を動かすストレッチをしてあげるのも効果的です。

当院では全身の筋肉の施術をおこなっています。筋肉は緊張状態が続くと血行が悪くなるのですが筋肉の施術では血行を良くしていきます。血行が良くなると、眼の疲れや眼からくる首や肩の痛みや疲労物質も流してくれるので徐々に楽になっていきます。
少しでも気になっている方はぜひ当院までお越しください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP