福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さん、こんにちは。次第に涼しさを感じる季節となりましたね。皆さん、お元気でお過ごしください。さて、今日は「朝の立ちくらみ」についてお話します。

この立ちくらみとは、朝など急に立ち上がった時などに起こる軽いめまい、ふらつきのことを言います。立ちくらみは、脳への血流や血液の量が減り、酸素不足になった状態でよく起こります。急に筋肉を使う動作では、筋肉に十分な血液が行き届いていない為、立ちくらみを起こしてしまいます。低血圧の方は特に起こりやすく、これが頭の痛みにも繋がりやすくなります。
本来、地球上には重力が存在するため、血液は下半身のほうに溜まりやすくなります。そこで大事なのが、重力に逆らうように血液を全身に送る力です。それを担うのが、ふくらはぎの筋肉です。ふくらはぎの筋肉は、第二の心臓とも言われる程大事な筋肉で、身体に血液を送る上で欠かせません。このふくらはぎの筋肉の柔軟性が無いと、血液が上手く流れなくなるため、血液不足に陥ってしまいます。ふくらはぎの筋肉が収縮することで、下半身の血液が押し上げられて血行が良くなるため、ウォーキングなどで下半身をよく動かすのが効果的です。
ふくらはぎに痛みがあると、身体を支えるための下半身のバランスが崩れてしまい、その分をお尻や腰の筋肉がバランスを取ろうと頑張るので、お尻や腰の痛みも出ます。お尻や腰の痛みが出てくる前に、ふくらはぎの筋肉をしっかりと施術していきましょう。また、体の血行を促すことも大切です。また、当院でのトリガーポイント療法では、血流を良くすることで隅々まで栄養が行き渡り、症状が楽になるのが早くなります。ふくらはぎや腰の痛みでお困りの方は、ぜひ当院までお越しください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP