福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。新年を迎えお正月太りしてダイエットしようと考える方も多いのではないでしょうか。運動する際は、怪我をされないようにしてくださいね。

昨今、多くの中高年の女性の方が股関節の痛みで悩まれています。そして、痛みの原因でよくあるのが股関節の変形によるものです。

まず、股関節とは大腿骨(太ももの骨)と臼蓋(骨盤)と呼ばれる骨同士でつくられています。上半身と下半身を繋いでくれている関節になっていて「歩く」「しゃがむ」などの日常的に当たり前のようにやる動作で使っています。そのため、負担も大きくなりやすい部分になります。そして、変形してしまう部分は大腿骨と臼蓋の接触している軟骨部分です。原因は、生まれつき臼蓋がせまく、大腿骨の一ケ所に体重が乗ってしまうことや体重増加によるもの、背骨の歪みにより体重バランスが崩れてしまうことです。そして、軟骨がすり減っていくと、やがて炎症を起こし痛みが出てしまいます。

次に、股関節の痛みとお尻の筋肉の関係性についてお話していきますね。軟骨がすり減り痛みが出てしまうとやがて痛みをかばうような歩き方になります。この時に、一番負担がかかる筋肉が中殿筋(お尻の筋肉)です。まず、歩行する時は、踵→足裏→母指球(親指の部分)の順に付いていきます。中殿筋には、踵を着いた瞬間に身体が左右にブレないようにする役割があります。そのため、股関節に痛みがあるときはこの筋肉が過剰に使われてしまい使いすぎることで筋肉が緊張してしまいます。中殿筋が緊張してしまうと大腿骨を臼蓋に押し付けてしまうのでより軟骨のすり減りを助長してしまいます。

今の医学では一度擦り減った軟骨を再生することは難しいです。まずは、背骨の歪みを取って体重バランスを正しい状態にすることと中殿筋などの股関節周りの筋肉の緊張を取って軟骨を擦り減らないようにすることが大切です。当院の施術は、「背骨の歪み」「筋肉の緊張」を取る上で効果的ですので股関節の痛みなどでお困りの方は是非ご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP