福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。先月に比べると随分過ごしやすくなりましたね。秋は身体に痛みを感じやすいです。身体を冷やさない様に気を付けて下さいね。

今日は腰からくる足の痛みについて説明しますね。最近は随分涼しくなり、夜は寒いくらいありますよね。寒くなってくると朝起きる時に足がつったり、座っていると足が重だるくなってくることはありませんか?これらが起こる原因の多くは腰にあります。
腰の筋肉は日常生活の中で最も使う筋肉です。また、腰は身体の中心にあり、上半身から下半身に流れる血液の仲介役をしています。この腰の筋肉が疲れてしまい、筋肉に柔軟性が無くなると下半身に流れるはずの血液の流れを止めてしまいます。これにより、下半身の筋肉に栄養が送られなくなるので、下半身の筋肉の質が落ちてしまい足がつったり、重だるさを感じます。特にこの季節は気温が低くなるため、血液の流れが悪くなり、これらの症状を促進します。
また、腰の筋肉が血液の流れを止めてしまうほど、疲れているということは、間違いなく筋肉のバランスが崩れています。筋肉のバランスが崩れることで、筋肉が正常に動くことが出来なくなり、それを無理に動かそうとすることで痛みが出ます。
今はまだ、痛みがないという方も今後痛みが出る可能性はあります。痛みの予防として、しっかりケアをすることをおススメします。
また、忙しくてなかなか施術が受けられないという方は、お風呂にしっかり浸かり身体を温めて下さい。温めることで血流が良くなり、重だるさを軽減することが出来ます。
足の重だるさや足がつることでお悩みの方は、当院までご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP