福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。
11月に入りだいぶ過ごしやすい時期になってきましたね。これから気温が低くなり寒くなってくると筋肉が緊張しやすい時期にもなってきます。その筋肉の緊張こそ足のしびれの原因になっていきます。なぜ、筋肉が緊張すると足の痺れに繋がるのでしょうか?それは、筋肉の緊張により背骨を引っ張ってしまい神経を刺激することが原因です。筋肉が緊張してしまうとうまく筋肉が伸び縮みしない状態になってしまいます。そのような状態でしゃがみ動作などの動きを繰り返すと緊張した筋肉が背骨を引っ張ってしまいます。その引っ張りにより背骨が歪んでしまい背骨と背骨の間にある椎間板の圧力が大きくなります。それにより炎症が起こったり中から髄核と呼ばれるグミ状のものが飛び出し神経が圧迫されて腰の痛みや足の痺れに繋がります。炎症が起こっている場合は筋肉を緩めてあげることで筋肉への負担が減り炎症は軽減してくれます。しかし、髄核が飛び出している場合は平均3か月くらいでマクロファージ(悪いものを食べてくれる細胞)が食べてくれるので痛みや痺れが軽減することが多いです。しかし、日常生活の負担であったり姿勢が正しい状態でないと再発してしまいます。ですので、歪んだ背骨をできるだけ正しい状態にしてあげて次の痛みを出さないことが大切です。
今、腰の痛みや足の痺れで悩まれている方もや冬に痛みを出したくない方はぜひご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP