福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。かなり過ごしやすくなってこの季節がこのまま続いていけばいいなぁと思う今日この頃です。
過ごしやすくなるとアウトドアスポーツをする方も多いのではないでしょうか?
夏場は暑さで、なかなか足が遠のいていたゴルフなんかもやりやすくなったと思います。ゴルフをしている方で急に背中が痛くなったという方をよく見ます。原因で多いのは背中の筋肉の柔軟性が低下してしまってスイングした際に筋肉に傷がついてしまうことです。
このケースですと、まずは、しばらく安静にしながら冷やしてあげます。そして、痛めている筋肉の周辺を緩めて痛めている筋肉のストレスを減らしてあげます。この痛みが再発しないように周辺筋肉の施術をすることは大切です。筋肉が原因の場合は、基本的に上記のような対処で痛みが軽減していきます。しかし、肋骨が疲労により折れてしまっていることもあります。肋骨が折れると、「深呼吸」「咳払い」で肋骨に激しい痛みがあります。この場合ですと、しっかり病院に行って固定をすることが大切です。背中側の肋骨が折れる原因は、肋骨周りの筋肉の柔軟性の低下により肋骨が引っ張られて骨の負担が大きくなることです。また、ゴルフのスイング時に肩甲骨と肋骨がぶつかることの繰り返しにより骨が疲労してしまい、折れてしまうケースがあります。そして、肩甲骨と肋骨の衝突を起こしやすくしているのは「猫背」の姿勢です。猫背で胸椎(胸の部分の背骨)が曲がってしまい肩甲骨の前方への移動により肋骨と近くなります。それにより、肋骨と肩甲骨がぶつかり、上半身も丸くなり肋骨周りの筋肉が緊張してしまいます。ですので、当院の「B&M背骨歪み整体」でしっかり背骨を真っすぐにすることで筋肉の状態がよくなり骨の並びも良くなることで疲労によって肋骨が折れることを防ぐことができます。ぜひ、猫背などの背骨の歪みが気になる方は当院までご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP