福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さん、こんにちは。日ごとに気温が下がり防寒対策が必要になりますね。体調管理には十分お気を付けください。以前のブログでは、通勤時の立っている時に気を付けることについて紹介させていただきました。今日は、通勤時の座っている時に気を付けてほしいことについてお話していきますね。

1. 足を組まない。
電車の中で座っている時についつい足を組んで座っていませんか?つい足を組みたくなってしまうのは、体の内側を支える深い所の筋肉が弱っているからです。深い所の筋肉のバランスが悪くなると、身体をしっかり支えることができません。そこで、足を組むことで、体をロックし、無理やりバランスを取っているのです。この足を組む習慣を続けてしまうと、結果的に足を組まずにはいられなくなります。しかし、足を組んだままずっと同じ姿勢を続けていると、足を組んでいない方の腰やお尻の筋肉は圧迫されてしまいます。筋肉に負荷がかかることで、腰の痛み、お尻の痛みを引き起こし、背骨の歪みに繋がってしまうのです。

2. 下を向いてスマホを見ない。
電車の中で、下を向いてスマホを触っていないですか?スマホの位置が下がれば下がるほど、首や背中、腰の筋肉が引っ張られ、負担が大きくなると、首の痛みになります。また、筋肉の痛みは背骨が歪みに繋がります。背骨が歪むと、頭の痛み、膝の痛みを引き起こしてしまうことにもなります。こうならない為にも、スマホを目の高さまで持ち上げて、できるだけスマホを見る時には、顔を上げて見るようにして下さい。また、スマホを持つ肘を体につけて、もう片方の手で支えを作るだけで首や肩にかかる負担を軽減することができます。

痛みでお困りの方は、西新中央整骨院までご連絡お待ちしています。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP