福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さん、こんにちは。11月に入り、肌寒い季節になりましたね。体調管理には十分お気を付けください。今日は、会社への通勤時に気を付けてほしいことについてお話します。通勤時にこれらのことに気を付けるだけでも身体の負担が軽減できますよ。

1. 片足に体重をかけて立たない。
電車を待っている時の駅のホームや、電車に乗っている時にどちらかの足だけに体重をかけて立っていないですか?どちらか片方の足ばかりに体重をかけていると、体重をかけている方の腰や足に重心が乗り、同じ側の筋肉ばかり使ってしまいます。同じ筋肉ばかり使うと、筋肉のバランスに左右差が生まれ、腰の痛みや足の痛みから、背骨の歪みにも繋がります。無意識だと思いますが、このように普段から筋肉には少しずつ負担がかかり、この疲労が毎日続くと、年齢とともに強い痛みに変わります。片足に体重をかけていることに気付いたら、意識的に逆の足に体重をかけて立ってみて下さい。両足にバランス良く体重をかけるように意識するだけでも身体への負担は軽減していきます。

2. いつも同じ手でカバンを持たない。
重い荷物やビジネスバックを持つときは、どうしても腕力のある利き手に頼ってしまいがちです。しかし、いつも同じ手でカバンを持っていると、同じ方の肩だけに負担がかかります。片側だけ肘の痛みや肩の痛みが起こり、筋肉のバランスも崩れてしまいます。この習慣を毎日続け、長年放置してしまうと、深い所の筋肉のバランスが崩れ、最終的には背骨も歪んでしまいます。背骨が歪んでしまうと、頭の痛み、膝の痛みを引き起こしてしまうことにもなります。こうならない為にも、できるだけカバンを持つときには、左右交互に持つように意識しましょう。

当院では、背骨の歪みに対しては、B&M背骨歪み整体を行っています。また、昔からの痛みに対しては、深い所の筋肉を施術していきます。強い痛みに変わる前に是非当院までお越しください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP