福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

みなさん、こんにちは。
最近はやっと冬らしい季節になってきました。朝晩は肌寒くなってきたので、体調管理には十分お気を付けください。

今日は運動会のあとの身体の痛みについてお話します。10月は運動会シーズンでしたね。
小学校や中学校、地域の運動会など親御さんは色々と身体を動かす機会が多かったのではないでしょうか?運動会などで久々に運動し張り切ってしまうと、普段、動いてない分、損傷が起きて身体の痛みに繋がることがあります。運動会での損傷で1番多いのは、転倒なのですが転倒による損傷は、派手に転ばない限り、比較的軽傷で済むことが多いです。しかし、走ったり、跳んだりなどの競技中に痛みが出てしまうと症状が重い場合があります。これには筋肉の柔軟性が関係しています。筋肉の柔軟性というのは、今まであまり運動をしてこなかったり、デスクワークなどの仕事で普段、身体を動かさないことが多いと落ちてしまいます。その柔軟性が落ちた状態で運動会など、普段行わない運動をしてしまうと、筋肉が上手く伸び縮みしてくれないため、筋肉を無理に動かすことになり疲労性の痛みや、ひどい場合だと筋肉に傷が入ったり、切れてしまうことがあります。特にこのような症状は太ももやふくらはぎの筋肉に多いのですが、筋肉が完全に切れてしまうことはなかなか無いため、疲労性の痛みで済ませてしまうことが多いです。しかし、傷が入ったり、切れてしまった状態を放置してしまうと、症状がなかなか良くならなかったり、歩きづらくなってしまったりします。また、太ももやふくらはぎの筋肉は腰やお尻に繋がっているので、負担が大きくなってしまうと元々あった腰の痛みがひどくなったり、新たに腰やお尻の痛みが出てきてしまいます。

筋肉の柔軟性が落ちてしまう原因は普段から筋肉を使わないことや、血行不良が原因です。当院では血行を良くする施術を行っています。血行を良くすることで柔軟性を上げることができ、損傷の起きにくい身体に変えていくことが出来ます。また、筋肉の隅まで栄養物質を流してくれるので、症状を楽にすることが出来ます。身体の痛みでお困りの方は当院までお越しください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP