福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

皆さんこんにちは。梅雨に入り気圧の変化によって痛みが強くなってる方も多いんじゃないでしょうか。

今日は、何年何十年と続く痛みの正体についてお話していきますね。仕事で重たいものを持ったり、デスクワークで座り仕事が多かったり、その他日常生活の中でも身体には日々かなりの負担がかかってしまいます。その負担の大きくなった筋肉は緊張してしまい柔軟性が失われてしまいます。柔軟性が失われた筋肉は少しの動きで傷がついてしまい痛みとなります。傷が出来てしまったり体のどこかに異常が起こったりした時にSOSを感知するセンサーが反応します。そのセンサーが感知したSOSを神経が脳まで伝えて脳が痛みという形で教えてくれます。その怪我をして痛い部分を使わないようにして負担をかけないようにする効果があるので一種の防御反応でもあります。逆に、痛みがなくなるとケガをしたところに気づかずにそのまま使ってしまいどんどん怪我が悪化していきます。なので、痛みというのは大事な反応ではあるのですが、脳が勘違いして痛みを出してしまうケースもあります。例えば、この暑くなる季節かき氷が食べたくなりますよね。その味の中でも、イチゴ味、メロン味、ハワイアンブルーがオーソドックスですよね。私はメロン味が好きなのでいつもメロン味を食べています。実は、あのかき氷の味は全て同じ調味料で作られているので本来は同じ味のはずなんです。ただ、イチゴ味は赤、メロン味は緑、ハワイアンブルーは青、と色がついているので脳が視覚からの情報で思い込み騙されてしまうのです。そのように痛みも長引いてしまうと脳が痛みを覚えてしまい良くなっているはずなのに痛みがあると思い込んでしまい残ってしまいます。だからこそ、痛みが出たら早期に施術をして長い痛みにならないようにしましょう。

身体の痛み・歪みでお困りでしたら当院までご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP