福岡市早良区で整体なら「西新中央整骨院」

最近よく、いつの間にか骨が折れてしまっていたという声をよく聞きます。通常の骨の状態であればそのような事は起こらないです。しかし、骨がもろくなってしまうと骨が折れやすくなってしまいます。現在日本では、50歳以上の女性で骨がもろくなっている方が3人に1人いると言われております。もろくなることで折れてしまうことが多いのは背骨です。そして、それが原因で腰の痛みに繋がってしまうのです。それでは、なぜ骨が弱くなってしまうのでしょうか?

骨は常にリモデリング(古い所を壊しまた新しく骨を作る)を行って骨を常にいい状態に保っています。しかし、このバランスが崩れて、壊すほうが活性化されてしまうと骨が弱ってしまいます。これが、骨がもろくなってしまう原因です。

また、骨にはカルシウムを取ると良いというイメージがあると思います。しかし、それだけでは骨は強くはなりません。なぜなら、カルシウムを取ってそれを骨に吸収することが大切だからです。そのためには「ビタミンD」「タンパク質」を補給することが大切です。ビタミンDは、身体に摂取されたカルシウムを腸から吸収してくれます。そして、タンパク質は吸収されたカルシウムを骨まで運んでくれます。このようにして、骨へとカルシウムが吸収されて骨が強くなります。また、骨の丈夫さと同じくらい大切になってくるのが骨への負担を減らしてあげることです。この負担とは、歪みによるものです。例えば、腰が丸くなってしまう歪みが出てしまうと背骨の前の方に強い負担がかかり腰の痛みにつながります。さらに、その負担がずっと続くと骨がもろくなってしまい折れてしまい後々強い腰の痛みになることがあります。当院のB&M背骨歪み整体は背骨の歪みに効果的です。少しでも負担を取ってあげことで骨が折れてしまい腰の痛みになることを防ぐことができます。少しでも歪みが気になる方はぜひご相談ください。

早良区で整体なら「西新中央整骨院」 PAGETOP